ポップピアニストにおける指標的な人物V.Kは素晴らしい創造才能と演奏スキルを組み合わせたもので、「ポピュラーピアノ界のジェイ・チョウ(英: Jay Chou)」と呼ばれています。 天才のような無制限のクリエイティブスタイルで、個人の演奏アルバムやゲーム、CM、複数のドラマや映画の音楽監督を務め、数々の心に響く曲を作り出し、台湾のクロスオーバー音楽界にて代表的な人物です。
 
2009年に、初の個人ピアノアルバム《Reflection (Mirror Night)》がリリースされ、大反響を呼びました。さらに、ニューエイジ ミュージック ランキングに3年連続の1位海外ピアノマスター ケヴィン・カーン(英: Kevin Kern)からトップを奪取しました。
 
2010年にはセカンド創作アルバム《Love.Infinity》がリリースされました。再び反響を巻き起こし、ニューエイジ・ミュージック・ランキングの1位に乗り、台湾や中国、華人地域で話題となりました。 同年、台北中山堂で初めての個人演奏会を行い、華人クロスオーバー音楽演奏会における前例のない歴史的記録を樹立しました。
 
2011年に、フォトエッセイ《I am Infinity》を発行し、台湾の北中南部でサイン会を行い、多くのファンが集まってきました。 同年、ゴールデン・ホース・アワードの映画監督李佑寧とコラボ、映画《麺引子(英: Four Hands)》の音楽監督を務めました。 2012年には、台北、台中、高雄、上海で「I am Infinity」の巡演を開き、《Wings of Piano V.K国際ピアノコンペティション》を設立・開催しました。当コンペは華人世界で初めて作曲家の自作曲で試合を行いポピュラー・ミュージック・コンペティションであり、他のコンペと違って、選手たちは公式の伴奏音楽や得意な楽器を使っていいです。それ以外、観客を入場させ、イベントもオンラインでライブ放送。今はすでに毎年最も重要な国際的ポピュラー音楽コンペティションの1つになっています! セカンドアルバムをリリースした後、V.Kは国際から好評を博し始めた、「Reflection」、「Wings of Piano」や「Evolution Era」などの名曲は海外の音楽ランキングのトップに乗り、世界中のファンがより多くなりました。
 
2013年、V.Kは超大型ラブ史劇《蘭陵王》の劇伴音楽制作に参加し、歌手丁噹が歌うエンディング曲「手掌心」を作曲、プロデュース上、ミュージック・ビデオにも出演しました。国内や海外のベストドラマソングを受賞しました。YouTubeで当曲の再生数は1億1千万を超えました。
この卓越的な成績を踏み越え、V.Kは同年、個人アルバム《The 3rd Movement》をリリース、このアルバムには映画、ゲーム、多くの作品が含まれ、台湾演奏史上初の分野を超えた創作アルバムです。 それから、V.Kは、北米、南米、ヨーロッパ、バンクーバー、サンノゼ、シカゴ、オーランド、ローマ、コロンビアまでにゲストパフォーマーに出演しました。 李鼎監督とコラボ、客家テレビに【満ちた生活時間】、「自分の声を続かせる」チャンネルイメージマイクロ映画シリーズの音楽を作曲、第48回Golden Bell Awardsチャンネル広告賞を受賞しました。
 
2014年、V.Kは李鼎監督の映画《到不了的地方(英:Anywhere,Somewhere,Nowhere)》の音楽監督を務め、心に響くサウンドトラックを制作し、金曲歌手蕭敬騰が歌う主題歌の作編曲、プロデュースを手かけしました。《到不了的地方(英:Anywhere,Somewhere,Nowhere)》はシンガポールアポロ映画賞のベスト音楽音効賞にノミネートされました。 吳秀波と姚晨が主演、8月に中国で人気ナンバー1のテレビドラマ《離婚弁護士(英:Divorce Lawyers)》の音楽を担当、范瑋琪に挿入歌「與愛為鄰」を歌うことに招きしました。
同年、V.Kは、台湾初の女性クロスオーバー国楽楽団《無双樂團》のアルバム作曲、プロデュースを依頼されました。伝統、ポップ、電子音楽、ロックなど様々なスタイルを組み合わせ、斬新な国楽スタイルを作り出しました。最初は個人名義のオリジナルアルバムだけをリリースすると考えたV.Kは、ゲーム、CM、ドラマ、映画などの分野に踏みわずか2年で、丁噹、蕭敬騰、范瑋琪など台湾で有名な歌手とコラボできました。歌手たちもV.Kの独特のミュージックスタイルを通じてより多くのファンに注目させ、新しいイメージを作成しました。
2015年、V.Kは《蘭陵王》制作チームと再びコラボ、ロマンチックアクションドラマ「千金女賊(英:Lady & Liar)」の劇伴音楽とエンディング曲「桃花結」を手掛けました。それ以外、畢書盡が歌うゲームの主題歌「Adventure」を作曲、プロデュースしました。同年12月に、台湾と日本でアルバム《Our Story – Best Of V.K》を同時にリリースし、日本Amazon Musicインストゥルメンタル ランキング1位に乗りました。 12月、V.Kが初めてキャパシティ3,000人のTICC台北国際会議センターで《Best For You》演奏会が開催し、満席で《私の少女時代-OUR TIMES》の監督陳玉珊と占星術師の唐綺陽もゲストとして参加しました。
 
2016年に、21世紀最も華麗で豊かな幻想文学と認められている人気の中国作家郭敬明によって書かれた《幻城(英: Ice Fantasy)》が視覚化、テレビドラマは再び音楽監督としてV.Kを招きし、V.Kは《幻城(英: Ice Fantasy)》のために50曲以上の劇伴音楽を作曲した上、米国まで、ボストン室内管弦楽団とレコーディング、ロサンゼルスにてグラミー賞ノミネートエンジニアと後期制作。このOSTは第28回Golden Melody Award最優秀インストゥルメンタル レコーディング アルバム賞にノミネートされ、V.Kの音楽キャリアにとって非常に重要なマイルストーンです。8月、基隆市に母校基隆成功小学校オーケストラと《Best For You - 基隆ちくわ》コンサート公演が開催しました。 12月には音楽ゲーム《Lethe》に壮大なファンタジーゲームミュージックを作曲、プロデュースしました。
 
2017年、V.Kは北京、上海、広州で《有生之年》のコンサート公演ツアーを開催し、中国のファンから反響を巻き起こしました。 10月に基隆市立国楽団とともに基隆潮アート《域見》にゲスト出演、大きな評判を呼びました。 12月には、ゲーム「ミラクルニキ」のチームと再びコラボ、恋愛経営のスマホゲーム《恋とプロデューサー~EVOL×LOVE》のゲーム音楽を作成しました。1か月足らずで700万人以上にダウンロードされ、サウンドトラックが話題になり、今までも国内外に多くのファンから好評を博しています。
 
2018年、台北、台中、高雄で《Those Days》ミニコンサートツアーを行いました。その他、V.Kはドラマ《泡沫之夏(英: Summer's Desire)》音楽担当を手かけ、サウンドトラックには歌手胡夏、曾之喬、張雪迎などを招き、主題歌、挿入曲とエンディング曲を提供しました。同年11月に広州、武漢、成都、重慶、杭州、上海、北京で《Ripples in Spacetime》アジアツアーが初めました。台北場はチケット発売から2時間以内に売り切れ、緊急追加公演も発売2時間内に再び完売させていただきました。 同年12月、10周年記念アルバム《Endless Falling Lights》がリリース。CGアニメーションと組み合わせ、ベーゼンドルファーピアノとコラボして、アルバムのメイン曲「Endless Falling Lights」と「Blue Moon Shadow」のMVを撮影しました。
 
2019年《Ripples in Spacetime》アジアツアーは台北、台中、高雄から大反響を受けました。 10月にはシンガポールで最大のゲーム展《Game Start Asia》のメインステージにゲストとして出演しました。
 
V.Kの曲は、特定のスタイルで定義することは困難ですが、ファンタジーの要素が大量に入っています。惆悵をわずかに感じられるピアノソロに加えて、単一の楽器でメロディーを引いたり、弦楽器と素晴らしいコミュニケーションして内なる感情描いたり、交響曲を通じて海や風のような広くて果て無しのイメージを構築するたりのも得意、非常に特徴のある音楽世界観を作成しました。 独特で自慢なスキル「VK式ピアノRap」は、アグレッシブなメロディーで曲全体のリズムを駆け巡り、若い人に愛され、ピアノの弾き方を一新します。
 
V.Kの曲に制限がない、豊なスタイルは魅力的であり、言葉なしで聴衆の感情に影響を与え、音楽で心の深みに触れます。演奏家としてヨーロッパ、アジア、アメリカ、中南米などの国に踏み、国際的なファンは増え続けています。彼のユニークな魅力と天才のような創造才能を通じてさまざまな音楽サプライズをもたらし、世界中のファンファンを魅了、心を捉え。V.Kはジャンルを超え縦横無尽に国際舞台で活躍を輝き続けて行きます。
 




ランキング/授賞記録
  • 多くのアルバムがKKBOXインストゥルメンタル ミュージック ランキング1位
  • 6年連続で博客來百大商品に選ばれました
  • 「手掌心」Youtube再生数1億を超えました
  • 「手掌心」蒙牛酸酸乳年度ベストドラマ曲(ドラマ蘭陵王) を受賞
  • 「手掌心」安徽衛視2013国劇盛典-視聴者に最も人気のドラマ曲にノミネート
  • 《The 3rd Movement》アルバムメイン曲「Evolution era」が日本iTunesのインストゥルメンタル ミュージック ランキング1位(2014,2015)
  • 《The 3rd Movement》アルバムが華語金曲獎、ベストクロスオーバーアルバム賞にノミネート
  • 映画《到不了的地方》サウンドトラックがシンガポールApollo Awards 2015ベストミュージック・サウンド奨にノミネート
  • 第9回KKBOXデジタルミュージックランキング - 年度ベストドラマ主題歌「手掌心」を受賞
  • MusicRadio中国TOPランキング授賞式 - 年度ベストドラマソング奨「手掌心」を受賞
  • Hitoポピュラー音楽授賞式 – Hitoドラマ主題歌賞「手掌心」を受賞
  • 《OUR STORY》アルバムが日本Amazon Music インストゥルメンタルランキングに1位
  • 《幻城》OSTが2017 Golden Melody Award ベスト インストゥルメンタル レコーディング アルバム賞にノミネート
  • 《Lethe》スマホゲームが台北ゲーム展ベスト音楽賞を受賞
  • 《Lethe》スマホゲームが中國Indieplay ベスト音楽賞を受賞
  • 《Lethe》スマホゲームが金猿獎ベスト音楽賞を受賞
  • 《Lethe》スマホゲームがTAPTAP年度ベスト音楽賞にノミネート
コンサート
  • 2019《Ripples in Spacetime》Tour 台北/台中/高雄
  • 2018《Ripples in Spacetime》Tour 北京/上海/広州/武漢/杭州/成都/重慶
  • 2018《Those Days》Mini Tour 台北/台中/高雄
  • 2017《有生之年》Tour 北京/上海/広州
  • 2016《Best For You - 基隆ちくわ》基隆文化中心
  • 2015《Best For You》台北国際会議センター
  • 2013《The 3rd Movement》台北国家音楽庁
  • 2012《琴迷上海》上海
  • 2012《I am Infinity》上海
  • 2012《I am Infinity》台湾ツア
  • 2010《Love.Infinity》台北中山堂
イベント出演ゲスト
  • 行政院経済部主催-南港科学園区《アーツボックス席シリーズ》
  • 公視優質青少年番組《我的這一班》記者会見
  • ラベンダーの森-心の庭 開幕音楽会
  • Taipei101ジュエリー展&都会広場New Yearイベント
  • 《麺引子》映画披露試写会
  • ING 遠智證券年末感謝音楽会
  • 台北市立社会教育館ミュージック・サロン《Love.Infinity》音楽会
  • 広芸基金会《広芸フェス》 記者会見、《擁抱Always》公益コンサート
  • 台湾工業銀行教育基金会《Love.Infinity》音楽会
  • 交通大学 V.K《琴驚四座》演奏会
  • 東海岸音楽祭記者会見/ 東海岸音楽祭曙光音楽会
  • Rayark Live Concert
  • 基隆市立国楽団 - 基隆潮芸術《域見》
  • 台北市立国楽団《遊俠列傳 – TCOゲーム音楽会》
  • 《敦弦の翼》敦化國中弦樂團第十二屆回成果発表・公益音楽会
  • 京城大團圓《以帽取人》張芸京誕生日音楽会
海外イベント出演ゲスト
  • 中国上海 : 音卓ピアノアーツセンター親子音楽会出演
  • カナダ バンクーバー : 米商アボットグローバル運営委員大会出演
  • 中国上海 : 中国アッヴィ本社成立記者会見 出演
  • アメリカ シカゴ: 米商アッヴィ本社法務人員大会 出演
  • アメリカ オーランド : 米商アッヴィ中央アメリカ支店年度産品販売業務会議出演
  • イタリア ローマ : 米商アボットグローバル運営委員大会出演
  • コロンビア:米商アボットグローバル運営委員大会出演
  • 中国北京:Rayark Con Liveゲスト出演
  • 中国上海:Rayark Con Liveゲスト出演
  • 中国広州:Firefly ACG Expoゲスト出演
  • 中国杭州、上海 :《V.Kと彼の音卓友達》親子向けイベント巡演
  • 中国上海:TAPTAP 第1回カーニバルゲスト出演
  •  シンガポール:2019 Game Start Asiaゲスト出演
ビデオ・ブランドアンバサダー
  • アッヴィ合同会社&中華民国強直性脊椎炎関心協会イメージ動画
  • IK Multimedia iRig シリーズ商品紹介動画
  • Yamaha reface CP紹介動画
  • 初音ミク正規版権音ゲー《初音速》宣伝動画
  • KORG Taiwanステージキーボードピアノ「Grandstage」ブランドアンバサダー